So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

「競泳水着」2012年シーズン、各社の新作が出揃う素材重視から機動性強化へ

来年2012年シーズンに競泳のトップ選手が着用する水着の新モデルが出揃った。国内の主力メーカー4社—ミズノ、アシックス、デサント(ブランドは「アリーナ」)、ゴールドウイン(ブランドは「speedo」)が発表した競泳水着の新モデルはいずれも世界水泳連盟(FINA)の承認を受けており、オリンピックや国際大会などの公式試合で着用し出場することができる。2012年のロンドンオリンピックを視野に入れた各社の新モデルの特徴は何か?

開発、差別化の焦点はスイマーのサポートに移行
4年前の2008年に開催された北京オリンピック。それに先駆け、同年前半には出場選手を決める選考会が各国で行われた。欧米の国内選考会では当時の世界新記録が次々に生まれた。新記録を出した選手の多くが英国ペントランド社グループのspeedo社(スピード=日本の代理店はゴールドウイン)の水着「LZR RACER」(レーザーレーサー)を着用していた(基になったモデルは07年発表の極薄布帛素材を使用した「ファストスキン FS PRO」)。それまで水着の素材として主力だったニット(編物)組織から布帛(織物)素材へ同ブランドが大きく舵を切ったモデルだった。それまではニット主体に、スイマーの快適性を追求する傾向が多かったが、着心地よりも機能性を重視し、身体を締め付けて水中の安定を得る方向へ路線変更した。その結果、着用に30分近くもかかるという従来では考えられない着圧の強い競泳水着が出来上がった。「LZR RACER」は「FS PRO」をベースに水の抵抗を軽減するポリウレタン製のパネルを各所に張り付けた改良版モデルだった。

当時、世界記録が連発される状況に日本の大手マスメディアは敏感に反応した。「speedo」の布帛水着と対比し、ニット主体の水着を開発していた国内メーカーに繰り返し見解を求めた。北京オリンピックを目前に控えていた日本代表選手に対しても、どこのメーカーの水着が着たいかといった質問を熱心に聞いていた。世間の注目が集まり過ぎ、また冷静な議論が難しくなる中、日本水泳連盟は特例措置として例年、ミズノ、アシックス、デサントの3社から水着を選ぶよう定めていた着用規定を取り払い、「speedo」の着用も許可した。

現在、前述の「LZR RACER」のようなパネルの貼り付けは認められていない。結果的に北京オリンピックを対象にした時限ルールになってしまった。FINAとspeedo社の関係が適正かどうか(つまり新モデルの承認に手心を加えられたかもしれないという可能性)という意見もあったが、ビジネスの観点から見る限り、「speedo」の一人勝ちという様相を呈していた。

それから3年余りが経過した2011年晩秋。各社の競泳水着の新モデルがお披露目された。今回の開発・差別化の焦点は、2008年の布帛騒動とは異なり、スイマーがいかに効率良く泳げるかと言う“機動性の向上”に関心が移っている。国内3社(ミズノ、アシックス、デサント)は布帛素材を主体にした水着を開発した。「speedo」はニットと布帛を組み合わせた水着を開発した。

切り替えで着圧を調整

ミズノの「ミズノ GX」
ミズノは来年1月から、競泳水着の新モデル「ミズノ GX」シリーズを発売する。スイマーの好みに合わせ3つのタイプを開発した。素材は軽量の布帛。水中での姿勢が安定するよう骨盤や腹筋をサポートする機能を持つ。厚みや伸縮性が異なる3種類の布帛素材を組み合わせた。熟練度や目指す泳ぎ方に合わせてタイプを選択することができる(11月28日配信のレポートを参照 http://app.apparel-mag.com/sbm/article/a11112801 )。切り替えで3種類の布帛素材を使い分け、より泳ぎやすい機能性を付加した点が特徴だ。上代価格は女性モデルが3万450円、男性モデルが1万9950円(いずれも税込み)。素材の原料はナイロンとポリウレタンを使用した。色はブラック。発売から1年間の販売目標は1万5000枚を計画している。

財布について

今やどこへ行くにも必要となった、財布。財布の種類や機能を知らないと、財布選びに失敗することになります。財布を選ぶことは、自分の持ち方を知ることでもあります。

財布にそこまでこだわるの?と思われるかもしれませんが、毎日持ち歩く財布です。本当に長く使い続けることができる財布を、探してみませんか?

「お金持ちになりたい!」、「ゴージャスな暮らしがしたい!」とまではいかなくとも、「もうちょっと潤いのある生活がしたいな」と感じている方は多いと思います。お金はたくさんあって困るものではありません。そこで、ここでは金運UPと革財布の関係についてお話したいと思います。

財布の材質や色、使い方で、金運のアップダウンがあるということは有名ですが、金運UP財布の第一条件はズバリ「本革製であること」です。大切なお金を収納する財布を選ぶときは、ケチケチするのは厳禁。少々背伸びをしてでも良いものを選んだ方が金運UPにつながるとのこと。特に、財を大きくする力を持つ「蛇」の革を素材とした財布は、金運UPに良いということで有名です。

金運UPに良いとされる財布の色は、黄色やゴールドといった「金」の気を持つ色はもちろん、ベージュや茶色、黄土色などの「土」のカラーも、お金が好む色だと言われています。また、白色や黒色も良いようです。反対に、金運を下げてしまう財布の色は、青色や赤色です。

また、財布は色や素材も大切ですが、使い方も大切です。財布はお金の「家」なので、住み心地を良くしてあげることが大切。財布のなかにレシートや領収書を溜め込まない、お札入れと小銭入れを分ける、クレジットカードは財布ではなくカードケースに入れる、二つ折りの財布より長財布を選ぶなどが、金運UPのコツなのだそうです。
日本でも古くから鹿やカモシカ、いのししなどの革を利用してきました。特に鹿の革は丈夫で通気性が良いので足袋に使われ、のちに利用される牛革と共に武具・衣類・履物など広い範囲に利用されるようになりました。

飛鳥時代にはなめしが行われたと記録されています。革産業は温暖で雨量が少なく、川が流れる地域で発展し、今では兵庫県・東京都・和歌山県が革の三大生産地といわれています。

Koosブーツの人気商品 LUCAS

Koosブーツの人気商品 LUCAS
Koosブーツので、【VERONIQUE】と並んで大人気のシリーズが【LUCAS】(ルーカス)です。

ネット上の通販サイトでもKoos LUCASは品薄状態で、特にハーフブーツの方は予約販売になっています。

LUCASには、ハーフブーツ(ミドル丈)とロングブーツの2種類があります。

それぞれで表示が異なり、ハーフブーツ(ミドル丈)の方が【Koos LUCAS(S)】、ロングブーツの方が【Koos LUCAS(L)】と表示してあります。(Sがハーフで、Lがロングという事ですね。)

Koos LUCASの色は、Beuk、Sephia、Merlot、Dawn、Nightの5種類になります。

素材はKoos定番のレザーで、素材の質感をそのまま生かした製法、つま先が丸みがかったデザインは、まさに『mbtブーツ』という感じですね。

なお、LUCASにはKoosのKのマークのタグがついているタイプと、Kのマークが直接刻印されているタイプがあります。

Koos LUCAS あなたならハーフとロングどちらを選びますか
スエードのKoosブーツならOLM
Koosブーツの中でも【OLM】は人気のシリーズです。

KoosのOLMはハーフブーツ(ミドル丈)になります。他のシリーズは、ショート、ミドル、ロングといった種類がありますが、OLMについては、ハーフブーツ(ミドル丈)のみのラインナップです

グッチのファッション

グッチのベルト

グッチのベルトは男性から絶大な支持を得ています。

その理由がフォーマルな印象のデザインが多く、大人の男性を演出することができるからです。

Gマークを横長にデザインのベルトは見ただけでグッチのベルトであることがわかるでしょう。

個性的なスタイルが目を引きくデザインですが、ブランドの主張よりも、スタイリッシュなグッチらしいデザインです。

スーツなどにぴったりなので、ビジネスシーンで使用することも可能です。
カラーもブラックだけでなく、ブラウンやGG柄のベルトもありますよ。
他にどのようなベルトがあるのか調べてみたので、ご紹介したいと思います。



■グッチベルト(ウエビング/グリーン×レッド)

グッチ象徴のグリーンとレッドのウエビングカラーのベルトです。

グッチのベルトの中ではインパクト大ですね。

ベルト部分はキズや汚れに強いキャンバス素材作られています。

ウエビングカラーとシルバーの金具がとてもマッチしていて、存在感と高級感と存在にあふれるデザインのベルトです。
グッチのブランドが一目でわかるでしょう。

またこのベルトはバックルとベルト幅のバランスもばっちりで、幅広く使って頂けると思いますよ。(サイズ調節はできませんでした。



■グッチの珍しいカラーのベルト(アイボリー)

女性の方にお勧めのベルトとなります。
グッチッシマが全面に施されていて、型押しカーフの美しい質感です。

キズや汚れにとても強いので長く使って頂けると思います。

シックなカラーなので、幅広い年齢の方に人気です。
流行に関係なく使うことが出来るでしょう。

グッチには様々なファッションアイテムがありますが、その中でグッチの帽子は人気の一つとなっています。
オシャレな若者からセレブまで、芸能人もグッチの帽子を愛用している人はたくさん見かけますね。

どのような帽子があるのか少しだけ紹介したいと思います。


グッチのGG柄メンズレザーハンチングは大人のかっこよさを引き立てる最高のアイテムです。

ポイントは全体にGG柄のモノグラムが型押ししてあります。上質な牛革で渋いブラウンのカラーハンチングは大人のメンズの究極のアイテムと言えるでしょう。グッチの中でも人気のモデルです。



グッチのキャメル帽子はセレブの帽子とも呼べる高級感あるものです。
フエルト風な素材ですがラパン100%、コットン100%で出来ています。このアイテムだけでリッチな気分になれそうです。コーディネートのしやすいベージュカラーは大人気ですよ。



涼しげなグッチの帽子では、夏に最適な爽やかさを感じさせるカラーの、ベージュとダークターコイズのリボンラインがついた帽子がお勧めです。

ポイントはサイドが締まっていてスリムなフォルムになっています。
きれいなシルエットはとってもスタイリッシュにコーディネートしてくれますよ。

ゴールドカラーの金具がついていて、GGロゴのモチーフはグッチをしっかりとアピールしてくれます。男性、女性問わずユニセックスで使える帽子です。プレゼントにも最適ですね。



他にも季節を問わずに使える帽子もあります。
新作なども次々出ているのでチェックしてみてください。
グッチの帽子でオシャレを楽しんでみましょう!


Tory burch トリーバーチの靴を 履いた感じの感想・

靴のフィット感・感じ方には、好みもあったりで かなり個人差があると思いますが、私のサイズ選びのポイントを感想もまじえて。どうぞ、トリーバーチの靴のサイズで迷ってる方は、参考にして下さいね♪

リーバは、フラットなぺたんこ靴なので、高いヒールのように足が前にきちゃって痛いなんていう心配のない楽ちん靴ですが、

バレエシューズ型リーバには3つの特徴点があります。 

①欧米人向けに作られているので標準的な日本人の足からみたら細身

②つま先・トゥの部分が見た目通り 少し細くなっていますので、キツいと指の付け根あたりが押されて痛くなると聞いています。

③バレエシューズは、とにかくアッパーもフラット。甲高の足の場合は最初、甲の部分が圧迫される場合があります。甲が高い足だと、アッパーを押し上げている分、「かかとのゴム部分」や「足の前側(親指側とか小指側とか足の特徴によって違うそうですが」あたりが圧迫されて痛くなるんだそう。

私の場合、私の足は23.5cm。幅(ワイズ)は標準。トリーバーチのバレエシューズ型リーバはUS表記6.5で良い感じ。US表記6 だと履けない事はないですが、指先が押されているっていう言う感じでした。

履き始めは、後ろのゴムの所が少し当たって擦れる感じで戸惑いましたが、数日で解消しました。その後はかなり調子が良いです。

-サイズ選びのアドバイス-

ちょっと幅広かも、甲高かな・・・という方はハーフサイズアップしてみると良いそうですよ♪(ハワイのトリーバーチの店員さんがアドバイスしてくれました。)

また、革は履く事によって足の形にあわせて伸びていきます。履いて行くうちに足にあってくる場合もほとんどですよ!でも、「どうしても靴があわなくて足が痛い」という場合は、靴専門店がやっているのと同じ方法で 靴の革を伸ばす・柔らかくするという方法もありますので、あきらめないで下さいね。

コインランドリーでスニーカーを洗う

スニーカーの洗い方というと皆さんも気になりますよね?スニーカーはほぼ毎日なんらかの形で履くものですからスニーカーの洗い方は誰しもが気になる話題と言えるでしょう。特にスニーカーの中でも安く人気があるコンバースやニューバランスのスニーカー等は汚れたら靴用の洗剤などで洗っていましたし、皆さんもそうですよね。ですので個人的には特にスニーカーの洗い方について意識したことは今までなかったのですが最近はどうも少し様子が変わってきたみたいなんです。


皆さんのお住まいになっている所にもコインランドリーをよく見かけると思います。そのコインランドリーの中でスニーカーが洗えるコインランドリーが増えてきているみたいなのです。ですのでキャンパス地等のスニーカーはそこで洗ってしまうのが楽でいいと思います。気になった皆さんはコインランドリーを捜して試してみてください。

ですがここで説明したいのはその手のスニーカーの洗い方ではなくエナメルのスニーカーの洗い方についてなのです。
エナメルは水に触れてしまうと表面が加水分解を起こしてしまいあのエナメル独特の艶がなくなってしまうので注意が必要です。しかも一度加水分解してしまったエナメルはもう元には戻りません。ですのでエナメルが表面に使われているスニーカーは水洗いは出来ないと言っても過言ではないでしょう。
ではそのようなエナメルが使われているスニーカーの洗い方というとどのようなものが考えられるのでしょう。それは水を使わない方法が考えられます。


それは奇麗な布に水で薄めた中性洗剤を含ませて丁寧にこまめに拭く事です。とにかくこまめに拭く事が大切なので少しでも汚れがついてしまった際には根気よく汚れを落としましょう。そして汚れを拭き取ったあとは直射日光の当たらない乾燥した場所に置いて自然乾燥させてください。
これで大体の汚れは落とせますしお気に入りのスニーカーを長くきれいに履き続けることが出来ます。

UGG(R)Australia公式サイト

オンラインショップやオークション、個人輸入、取扱店など、

アバクロのカーゴについて

アバクロ カーゴには、レディースやTシャツ、そしてパーカーやカーゴ、またポロシャツやジャケット・シャツ、キャップ・ホリスター・ベルト、ポロメンズ・香水・XL、カーゴパンツXXLなどが呼び声が高くて、フィットさせる、そしてさらに、応援したくなるくらいに麗しい華がある商品と評判がよいです。
そのうえ、ホッとひと息つける、そして、見るのが楽しくなるくらいによく合っている風格がある商品と大評判です。
要するに、形質がエレガントになれそうなほどにビューティフルなからです。
さすがに、気分良く出かけられる、そしてまた、絵になりそうなくらいに磨かれている目覚ましい商品は凄いですよね。
実際に潤ってしまいそうなくらいに可愛い逸品な商品であるのかじっくりと見たみたいですが、多分本物だと想像できます。
ひょっとして、期待を胸に込めたら、これらの商品が自分の眠っている能力を耕す、それに後押ししたくなるくらいにあいまいさがグッドなダントツな商品か、ぜひ興味を持って目に入れてみてませんか?
必ずより高いクオリティを求める、そのうえ魅せられそうになるくらいに考えられている勢いのよさを感じさせてくれる商品であることがはっきりとわかることは言うまでもないですよね。


日焼けクリーム、帽子

1、日焼け対策・・・帽子は絶対、サングラスも。日焼け止めクリーム。
 意外と半そでや7分袖の方が直射日光から避けられて涼しかったり。
2、無理しすぎない。あまり興味ないアーティストなら、木陰で休憩。
3、着替え タオル 飲み物など用意 リュックにしてラフで動きやすい格好にする
4、グッズ販売は阿保程並びますので早めに。売り切れる可能性もあるので。


**
凍らせたスポーツドリンク2本。(水ではなくポカリとかね。熱中症予防にもなるから。水が良いなら岩塩も舐める)
大きめのタオル。
着替えのTシャツを持っていく。小さめのバックなりリュックなりに入れて。

向こうでの飲み物はバカスカ売れてるから、大抵ぬるい。
かなり熱いし、前の方行ったら汗かくから着替えとタオルも必須。


**
1.日焼けクリーム、帽子などの日焼け予防
2.靴はもちろん運動靴。
3.替えのTシャツ(汗をかくため、帰り用。バンドTシャツを当日買うなら必要なし)
4.鞄(ヒップバッグ、ポシェット、ポーチ、よくわからないけど腰につけるやつがオススメ。ペットボトルが2本入るくらい)
5.お金は多めに持っていきましょう(水代でやたら金がかかるから)
6.あなたが女性ならトイレがダダ混みです。行きたいときは早めに行きましょう。
7.あなたが女性なら痴漢に気をつけましょう。多少の度胸を持っていきましょう。


大きいツーピース水着

1946年にはフランスのデザイナー、ジャック・エイムによってビキニと名づけられた肌の露出の大きいツーピース水着が発表される。「ビキニ」の名は水着の刺激的な印象と当時行われたビキニ環礁での原爆実験の衝撃的な印象が結び付けられたこと、またビキニ島周辺の原住民の伝統的な服装に由来するといわれている。また1964年には、アメリカのルディ・ガーンリックによりビキニのブラジャーを省略した「トップレス」が発表された。 1970年代後半には脚回りの裁ちを高くした「ハイレグ・カット」が登場、伸縮性・耐塩素性の高いストレッチ素材(ナイロン、ポリウレタンなどの合成繊維)が一般的に採用されるようになった。ロサンゼルスオリンピックの開催された1984年以降には、フィットネスクラブやスイミングクラブで健康づくりの一環として水泳を楽しむ、競泳選手以外の人々が増加。競泳水着やこれを基にしてデザインされた体型補正機能を備えた水着の市場が拡大した。 現在ではデザインの違う複数の水着を、場所(海岸・プール・リゾートなど)や目的(レース・フィットネスとしての水泳・海水浴や水遊び・ファッションとして着る、魅せる楽しみなど)によって使い分けることが定着している。
パレオ(Pareo)とは、身体に巻き付ける綿の布のこと。元々は「パレウ」というタヒチ島の民族衣装で、タヒチなどポリネシアの女性が身に着けているものです。パレウはタヒチの言葉で、「巻きつけるスカート」の意。
パレオの大きさは、約90×180(cm)ほどでショールよりも大きく、インドネシアのサロンのように、腰に巻きつけ結び目を作って着ます。
パレオは、1950年代のアメリカでビーチファッションとして流行し、1976年の春夏コレクションにも登場、世界中に広まりました。日本でも1999年にビキニとパレオがセットになった女性用水着が、コギャル達の間で大ブレイクしました。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。