So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

財布について

今やどこへ行くにも必要となった、財布。財布の種類や機能を知らないと、財布選びに失敗することになります。財布を選ぶことは、自分の持ち方を知ることでもあります。

財布にそこまでこだわるの?と思われるかもしれませんが、毎日持ち歩く財布です。本当に長く使い続けることができる財布を、探してみませんか?

「お金持ちになりたい!」、「ゴージャスな暮らしがしたい!」とまではいかなくとも、「もうちょっと潤いのある生活がしたいな」と感じている方は多いと思います。お金はたくさんあって困るものではありません。そこで、ここでは金運UPと革財布の関係についてお話したいと思います。

財布の材質や色、使い方で、金運のアップダウンがあるということは有名ですが、金運UP財布の第一条件はズバリ「本革製であること」です。大切なお金を収納する財布を選ぶときは、ケチケチするのは厳禁。少々背伸びをしてでも良いものを選んだ方が金運UPにつながるとのこと。特に、財を大きくする力を持つ「蛇」の革を素材とした財布は、金運UPに良いということで有名です。

金運UPに良いとされる財布の色は、黄色やゴールドといった「金」の気を持つ色はもちろん、ベージュや茶色、黄土色などの「土」のカラーも、お金が好む色だと言われています。また、白色や黒色も良いようです。反対に、金運を下げてしまう財布の色は、青色や赤色です。

また、財布は色や素材も大切ですが、使い方も大切です。財布はお金の「家」なので、住み心地を良くしてあげることが大切。財布のなかにレシートや領収書を溜め込まない、お札入れと小銭入れを分ける、クレジットカードは財布ではなくカードケースに入れる、二つ折りの財布より長財布を選ぶなどが、金運UPのコツなのだそうです。
日本でも古くから鹿やカモシカ、いのししなどの革を利用してきました。特に鹿の革は丈夫で通気性が良いので足袋に使われ、のちに利用される牛革と共に武具・衣類・履物など広い範囲に利用されるようになりました。

飛鳥時代にはなめしが行われたと記録されています。革産業は温暖で雨量が少なく、川が流れる地域で発展し、今では兵庫県・東京都・和歌山県が革の三大生産地といわれています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。